免許のいらない2馬力ボートフィッシングが人気上昇中です

海釣りにおいて、一番釣れる釣りは船釣りです。魚群探知機を装備し、海底の状況を見ながら魚の居る場所に行って釣るわけですから、最強の釣りと言えます。しかし一般的に船釣りをしようとすると、乗合船に乗っての釣りになります。この釣りは船頭さんが釣れる場所に連れて行ってくれます。その代わりに料金が結構かかります。半日釣って6000円~10000円と高額なレジャーです。

そこで小型船舶の免許を取る人も多くいます。10万前後で講習を受ければほとんど人が免許をもらえます。しかしここからが問題です。小型ボートをレンタルすると、これがまた1日で6000円くらいかかります。3人くらいで行けば割安ですが、釣りは一人で楽しみたいと言う人が多くいます。

では中古でもいいからボートを買ってしまえば、初期費用だけかかって後は燃料代だけと思ってしまいますが、これも落とし穴があります。小型とはいえボートはどこかの港に係留しなければなりません。

この係留費用が安いところから高いところまであり年間数万円~十数万かかります。更に車と同じようにボートを登録するので車検があります。燃料代は別にしてもメンテナンスなどを加えると月々2~3万円前後かかります。毎回ボートをレンタルすることを考えると安いですが、これでも高価な遊びには変わりありません。

そこで最近流行しているのが免許のいらない2馬力ボートです。全長3m未満で、2馬力以下のエンジンであれば免許も無ければ、車検もないのです。更に自宅での保管が出来て、形状によってはボックスタイプ軽自動車の中に乗るものもあります。最大のものでも乗用車の屋根に装備を付けて積めます。

つまり一度買ってしまえば、燃料代だけで維持費は修理費だけでほとんどかからないのです。その燃料も1回の釣行で1L前後ですから微々たるものです。それがゆえ、流行に火が付き、各メーカーからはカヤックタイプから折り畳み可能タイプなど色々な種類が出来て、安いものでは3万年ちょいのボートまで出ています。エンジンは新品で2万円~10万円前後、中古なら格安となり、当然のごとく2馬力ボート人口は増え続けています。10万円くらいで一式揃うわけです。

釣りをする自分も堤防で釣りをしながら、出港していく2馬力ボートを良く見かけます。唯一の難点は出発前と帰って来てからの準備と始末が大変な事です。自分の釣り仲間も早速購入し楽しんでいます。皆最新の魚群探知機を付け、良い目をしています。

このような船が増えると、従来の漁船や遊漁船の嫌がらせがあるのも事実です。横を全速で走ったりされます。横波を受けると転覆の可能性が大きいので注意が必要です。

このように人気の2馬力ボートフィッシングですが、釣りたいを優先するために無茶をしたりすると事故につながり、また漁船や遊漁船とのトラブルになったりします。せっかくの免許不要で維持費のかからないボートフィッシングです。2馬力ボートフィッシングの暴走が社会問題化すれば今後法改正され、免許も車検も必要という措置をとられると、せっかくの楽しみがなくなってしまいます。

私もいずれ買おうと思っていますが、2馬力ボートフィッシングを楽しんでいる人や、これからやろうとする人達に、ルールとマナーを守って決して無理をしない、安全な釣りをやってほしいと願っています。