子供が発熱!夜中の咳き込み対策で母の肩こりはMAX

まだまだインフルエンザが流行っている季節ですが、みなさんのお子さんは元気で過ごせてますか?うちの子は、インフルエンザではなかったんですが、ちょっと先日大変でした…!

このあいだ昼過ぎに「熱が出たので迎えに来てください」と保育園から電話。帰ってきても咳で眠れず、横になっていても寝付けない様子…。「おなかすいてて眠れないの?りんご切ろうか?」と聞いても首を横に振ります。りんご大好きなのに!いらないって!

もちろん子供が大変だったと思いますが、私が大変だったのは夜!鼻水と咳で眠れない様子だったので、頭を高くするべく布団に斜面を作ることにしました。でもこれまで、「頭のところだけ」を高くしようとして、さんざん失敗してきたんですよね。

娘は子供なのでとにかくたくさん寝返りをします。寝返りをしまくった結果、斜面からすぐずり落ちて平地に寝てしまったり、頭だけが高いところから落ちて鼻水が逆流したり…。そこで今回は、二人分の布団を組み合わせて斜面の作成に挑戦しました!

まず、敷き布団を一枚、2:1のところで折ります。下が2、上が1になるようにします。折り目のところに挟み込むように、もう一枚の敷き布団を敷きます。まずはこれでベースになる斜面が完成!鼻水がひどいと夜中に咳き込んで起きるんですが、そうなると壁にもたれてしばらく抱っこすることになるんですね、私の場合。

その時に、布団の上に何かを敷いて作った斜面の上に座ることになると、体重で斜面が足元の方に滑って行ってしまって、あとが面倒なことになることが多いので、今回は少なくとも位置が動かないベースを作りました。

基礎が生きてれば、崩れても直しやすいかなと思って。その上に、頭が極力なだらかに高くなるように毛布やタオルを敷いて完成!さて夜、その表面積は一人分の斜面布団に、娘と二人並んで寝ました。

娘が転がり落ちないように、腕枕で寝始めたんですが、これがけっこうつらい…。腕枕に加えて、柔らかい布団に頭がめりこんで、身動きが取れない!腕はしびれるわ肩こりを通り越して肩が痛むわで、娘が寝た頃に腕をはずしました。するとだんだん娘がこっちににじり寄ってきて、私の寝る場所がどんどんなくなっていくんです。

これ以上押されると、かなり高くなってる斜面から押し出されて落ちる…!ほかの布団に逃げようにも、あいてる布団はもうない!落ちないように懸命に耐えて寝続けたら、結局腕枕をはずしたところで身動きは取れないまま。朝になったらものすごい肩こりになってました。

もうあごまで突っ張って、笑うしかない!…いや、笑うのも凝りでぎこちない…。娘は咳き込んで起きることもなく翌朝はすっごい元気で、おもちゃを振り回して遊んでました。君が元気になって、よかったよ…。ところで、肩もんでくれないかな…。